電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

バルコニーの防水

バルコニー・階段室や廊下などの床は、雨水をすぐに排水できる仕組みになっていますので、特に防水を施していません。しかし、水たまりができたり床にひび割れがあったりすると漏水の可能性がありますので、定期的に点検を行い必要に応じた修繕を行いましょう。

バルコニーの防水

バルコニーは使用頻度が高いため、劣化が早く起こる場所です。仮設足場で外壁塗を行うような大規模な修繕時にあわせて行うと、工事関係者の室内側からの出入りの必要性が減少します。

部分的な修繕

ひび割れなどが生じている場合は、エポキシ樹脂の注入、無機質浸透性防水剤の塗布、シーリング剤の充填、塗膜防水などの方法によって部分的に修繕を行います。

床面全体を修繕

バルコニー床全体にポリマーセメント系急硬弾性防水、塗膜防水、シート防水を施す方法です。現在では、耐久性が高く保護塗装塗りの必要がない、塩化ビニールシート工法に注目が集まっています。

お問合わせお問合わせ