電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

新安全基準

法改正対応により確かな安全&安心を…

エレベーターは尊い人命にかかわる生活必需アイテムです。日ごろから安全・安心を心がけるのはもちろん、地震などの災害時にも的確に対応できる備えが不可欠です。
日本は地震大国といわれその被害が後をたたず、法改正がたびたび行われ、エレベーターの安全基準も見直されてきました。
重大事故を未然に防ぐための装置や地震の初期微動を感知して管制運転をする装置などの設置義務に対応することはもちろん、より安全な防災、事故対策がリニューアルによって可能になります。

エレベーターの安全に係る技術基準の見直しについて

建築基準法施行令の一部を改正する政令
平成20年9月10日に公布された建築基準法施行令の一部を改正する政令(平成20年政令第290号)は、平成21年9月28日(大臣の認定およびこれらに関し必要な手続き その他の行為は平成20年9月10日)に施行されました。

戸開走行保護装置の設置義務付け(令第129条の10第3項第1号関係)
エレベーターの駆動装置や制御器に故障が生じ、かご及び昇降路のすべての出入口の戸が閉じる前にかごが昇降したときなどに自動的にかごを制止する安全装置の設置を義務付ける。
※1. 戸開走行保護装置については、指定性能評価機関の性能評価を受けた上で、国土交通大臣の認定を取得する必要がある。

昇降機に関する大臣認定について(万一の戸開走行による、はさまれ事故を防止)重大故障により、エレベーターのドアが開いたまま走行してしまう「戸開走行」による、はさまれ事故を防止するため「戸開走行保護装置」が義務づけられました。「駆動装置の故障対応」としてブレーキの二重化や「制御器の故障対応」として戸開走行を検出し、エレベーターを制止する安全回路を基本とした「戸開走行保護装置」の設置が通常の運転制御から独立して設置するものです。

地震時管制運転装置の設置義務付け(令第129条の10第3項第2号関係)
エレベーターについて、地震等の加速度を検知して、自動的にかごを昇降路の出入口の戸の位置に停止させ、かつ、当該かごの出入口の戸及び昇降路の出入口の戸を開くことができることとする安全装置の設置を義務付ける。

地震による閉じ込め事故を防ぐために、予備電源を設けた地震時管制運転装置の設置が義務づけられました。(地震時管制運転装置の設置は任意であった。静岡県においては、条例で5階以上又は高さ15m 以上の階に着床するエレベーターには地震時管制運転装置の設置を義務付けている。)今回の改正にて衝撃による加速度まで規定された明確な形で地震時管制運転装置の設置が義務づけられます。(加速度は建物の基礎に鉛直方向又は水平方向に生ずる0,1m毎秒毎秒以上3,0m 毎秒毎秒以下の加速度に相当するものとする。)

お問合わせお問合わせ