電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

エレベーター設備

なぜリニューアルが必要なの?

エレベーターを進化させるリニューアル

制御機器のマイクロコンピュータ化、電動機制御のインバーター化など、エレベーターの制御技術は日々進化しつづけています。乗り心地の改善や故障の低減、さらには省エネルギー化によるランニングコストの低減など、リニューアルによりエレベーターの安全性や経済性の向上が図れます。

万が一の故障でも停止時間を最小限にするリニューアル

エレベーターは数万点におよぶ部品から構成されており、その部品の製造期間は通常で約20年程度となっております。当社では部品の確保には鋭意努めておりますが、エレベーターの経年が進み部品確保が難しい場合、不足部品の代替製造等が必要となり、ご不便をおかけしてしまうことが考えられます。リニューアルはこうした旧部品の調達に想定される長時間停止を最小限にし、より快適に、より安心してご利用いただけるエレベーターとして生まれ変わります。

いつ起こるかわからないエレベーターの故障やトラブル!

エレベーターリニューアルのタイミングを逃してしまうと、通常のメンテナンスでは補いきれない摩耗故障や偶発的な事故がおきてしまったり。修理にも予想以上の時間がかかったり、部品が揃わなかったりする可能性があります。

イメージアップにつながるリニューアル

長年使用していると、塗装部分の傷などにより見映えが悪くなってきます。ビルのイメージに合わせた最新のデザインを導入したリニューアルで若返りが図れます。

いつリニューアルすれば?

定期的なメンテナンスでは、性能の維持、故障の低減を目的として、走行時間に対応した点検、調整、部品の交換や修理を行ってまいりました。しかし、適切なメンテナンスをしていても他の建築設備と同様に、エレベーターにも寿命があります。ビルの寿命は50〜60年といわれていますが、エレベーターの計画耐用年数は25年*と設定されています。20〜25年以上経過したエレベーターには、信頼性・安全性・運転効率など性能が向上した最新機種へのリニューアルをおすすめします。

対応年数とリニューアルの必要性

お問合わせお問合わせ