電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

鉄部塗装工事

塗装の周期

鉄部塗装は、長期修繕計画でも一般的には最初に実施するもので、必須の項目で、いろいろ注意点があるにもかかわらず、余り注目されていません。 スチール製品は、一般的に5年以内に再塗装が必要とされています。
マンションでは鉄骨階段、玄関扉、パイプシャフト、階段手摺、などに多くのスチール製品が使用されています。そして塗装作業のみで塗替えの出来る部位に関 しては5年以内の塗替えが行われている様ですが、足場の必要となるバルコニー手摺等は大規模修繕工事のみの再塗装が多く、腐食も進行している場合が多いよ うです。

特に外部雨架かり部分のバルコニー手摺や共用廊下手摺の支柱腐食は、住民の安全に関わる問題であり早めの補修工事が必要になります。
最近のマンションではアルミ製品が多く使われていますが、築年数の古いマンションではスチール製品も多く見られます。腐食の進行した手摺では、今後の補修費用とアルミ製品への取替費用の両面から検討する必要も出てきます。居住者または近隣の安全という観点からも補修または取替かという点で、予算配分を含めた管理組合での十分な検討が必要です。

どんな部位が対象でしょうか?

基本的には鉄で出来ているところはすべて対象になりますが、長期修繕計画の中ではおおよそ次の項目があげられています。

【塗装対象の部位】
高架水槽架台、塔屋鉄骨、屋上各種配管、鉄骨階段、消火栓ボックス、竪樋、玄関扉枠、防火扉、パイプシャフト扉、メーターボックス、廊下照明器具、エレベーター扉、バルコニー手摺、隔て板、ルーフドレイン、自転車置き場、機械式駐車場、屋外照明器具、外構フェンス、受水槽架台、等

建築後10年程度で実施する大規模修繕工事までに、足場を必要としない部位(屋上周り・開放廊下・外構など)は、少なくても中間に一度は鉄部塗装する事が望まれます。それは、錆が発生する前に塗り替える事が鉄部素材を長持ちさせることになるからです。
従って、錆が発生してから後での実施は本来遅く、錆や腐蝕が発生すればするほど下地処理や補修に手間とコストがかかります。

受水槽架台受水槽架台
屋上配管屋上配管
鉄骨階段踊場鉄骨階段踊場

お問合わせお問合わせ