電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

鉄部塗装工事の方法

鉄部塗装はどのような方法でやるの?

対象部位を全面塗装する「塗り替え」が一般的な施工方法です。入り組んだ場所・細かい箇所などは刷毛塗りとし、広い面上ではローラー塗りとします。また、工程としては、ケレンを行った後、1. 錆止めの下塗り、2. 中塗り、3. 上塗り(仕上げ)の3工程で行うのが一般的です。
「タッチアップ」という方法もありますが、これは全体としては良好な塗装面に局部的な傷、汚れなどある場合に刷毛などで部分塗装する工法の事を言います。 一 般的な鉄部塗装では、弱溶剤のウレタン系樹脂塗料が多く使われていますが、玄関扉枠などの塗装の場合アレルギー体質の入居者を考慮し、水性系のウレタン樹脂塗料を使用するケースも稀に有ります。また、屋上・廊下・バルコニーのルーフドレイン(鋳鉄製)に対してタールエポキシ樹脂塗料などを使用します。

改修上のポイント、その他注意点

鉄部塗装を施工するにあたっては、主に次の点に注意して実施します。

飛散防止

現場での吹付け塗装は避けて刷毛・ローラー塗装とします。そうする事で殆ど飛散の心配はありませんが、マスキングや床の養生は確実に行ってから塗装に入ります。
ま た、鉄骨階段の塗装の際には全体に仮設足場を設置し、電動工具を使用した際のケレンカス・塗料の飛散防止、または落下物などの対策のため全面をネット養生し ます。施工中の階は非常時を除き一時的に通行が出来なくなりますので、施工の管理者の指示に従います。

ケレンの重要性

鉄部塗装の工程で特に重要な要素はケレン作業(錆落とし)ですが、この作業内容によって塗装の仕上がり・耐久性に大きな影響を及ぼします。ケレンには、旧塗膜の状態により1種から4種ケレンまで仕様が決められています。塗装面の傷・錆・汚れなどの付着物を皮すき・ワイヤーブラシ・ペーパーあるいはディスクサンダーなどを使用して除去し、表面を平滑にする事によって塗装面の仕上がりを良くする効果があります。

錆止め

錆止めとはケレン作業完了後の素地に下塗りするもので、余り注目されていませんが錆止め剤の選択・塗布量・回数によって機能、耐久性に違いが出てきます。 一般的には錆止め1回塗りですが、特に発錆が進行していたり一部腐蝕が発生している場合、部分的に2回塗りを行う事が有効です。(いわゆるタッチアップ) 弊社では防錆効果・耐久性が高いエポキシ錆止めを使用していますが、一部では一般的に安いJIS-K-5621(一般錆止めペイント)又はJIS-K5625(シアナミド鉛錆止めペイント)も使われているようです。 

色焼けして色が変わってしまった場合の対応

同一面での塗装分けは出来るだけ避けるようにし、入り隅・出隅のコーナーで色分けし、出来るだけ色違いが目立たない様工夫します。ただし、紫外線による チョーキング(塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョークのような粉状になる現象)で退色している場合が多く、色見本帳で塗膜面の元の色を よく確認し、管理組合・組合員の了承のもと施工に取り掛かります。
大規模修繕工事の色決めでは、多くの組合員の合意形成を得る事は難しく、一般的には入居当初の色合いを基調とし、濃淡3種類ほどの色見本を提示して協議の上決定します。

鉄骨階段塗装工事

最近のマンションの鉄骨階段は亜鉛メッキ仕様が多く、25年程の耐用年数があると言われていますので塗替えの頻度は少ないですが、築10年以上のマンションではスチール製塗装仕上げが一般的で、5年位周期の塗替えが必要です。
特に発錆、腐食の進行しやすい部位は鉄骨、鉄板の接合部、水溜まりの発生による踊り場の縞鋼板、手摺支柱の取り合い部分の発錆、腐食、湿った空気が滞留す る事による踊り場、階段の段裏、などの発錆が上げられます。特に問題となるのは踊り場の勾配不良による水溜りの発生で、縞鋼板の場合には水抜き穴 (10.0mm)を設けるか、モルタル床の場合にはモルタルで水勾配をとる方法が有効です。

お問合わせお問合わせ