電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

排水設備

排水管の劣化対策

マンション排水設備の3系統

  • 雑排水設備(排水管、通気管、雑排水槽)
  • 汚水設備(汚水管、汚水ポンプ、汚水槽)
  • 雨水排水設備(雨水管、雨水槽、屋外桝管路)

これらの排水は、排水竪管を通り、最下階で横引きし、屋外の排水桝に流されます。
3系統を別々に流す「分流方式」と、汚水と雑排水を一本の排水管とする「合流方式」があり、「合流方式」が一般的になっています。

排水管の主な材質と修繕周期

初期の頃は、汚水排水管は「鋳鉄管」が使われ、雑排水には「白ガス管」が使われました。 しかし、その後、「排水用硬質塩化ビニールライニング鋼管」、「硬質塩化ビニール管」などに変わり、耐食性や施工性などが向上しています。

○屋内雑排水管

配管用炭素鋼管(白ガス管)
15〜20年周期
硬質塩ビ管
25〜30年周期

○屋内汚水管

排水用鋳鉄管
30〜40年周期

○屋外排水管

屋外排水管では、取替えと事故修繕が考えられます。 配管の材質にもよりますが、経年によるものよりも、事故によるものの方が多いようです。

排水竪管と通気管

通気管は、排水管内の自然流下による排水の流れを円滑にします。先端は伸頂通気管が接続されており、屋上等で空中に開放されています。

屋上に突き出ているベント
壁に出ているベント
通気管金物の塗装補修
屋上に突き出ているベント
キャップに錆びが見える
壁に出ているベント
キャップの発錆
通気管金物の塗装補修

排水器具とトラップ

便器の底部には、臭気・ガスを防ぐために水を溜めています(張り水)が、いろいろな構造のものがあります。
このトラップは、便所だけでなく、台所、洗面所、浴室、洗濯排水等に設け、臭気・ガスだけでなく、虫やネズミ等の侵入を防いでいます(封水)。
封水が失われる(破封)と、臭気・ガスが室内に侵入し、トラブルの原因になります。

洗面台下トラップ
流し、蓋トラップ
流し下、蓋トラップ
洗面台下トラップ
流し、蓋トラップ
流し下、蓋トラップ

排水管のトラブルと原因

排水トラブル

劣化もありますが、それ以上に、事故によるトラブルが多く発生しています。

  • 漏 水…接続部の漏水が多い。
  • 詰まり…逆流、流れが悪い。
  • 排水騒音…苦情が多い。
  • 支持金物の錆び・ゆるみ…美観、騒音に影響。
  • 臭 気…台所の流し、トラップ廻りなど。

トラブルの原因

  • 排水管の管径不足…つまり、流水量、溢水
  • 排水管の経年劣化…特に、ネジ山・継手部
  • 配管の勾配…つまり、逆流、流れが悪い
  • トラップ廻り、屋上・バルコニードレーン廻りの不具合
  • 管内の通気
  • 排出物を管内に残し、水だけが先に流れてしまう。
  • 管内抵抗、排水管に付着した油、異物等の堆積
  • 生活する人の問題
  • 掃除、点検、メンテナンスが不十分

配管の勾配

一般に、排水は自然の重力により流れるので、排水管勾配が必要です。室内は通常1/50ですが、中には、勾配が無かったり逆勾配のものさえ散見されます。 床下横引きの際、梁や床下地材などの横架材が障害となり、思うように勾配がとれない場合があります。

排水管の劣化対策

更新工法(取替え)

排水管を取り替える更新が、一般的ですが、雑排水管では、配管の残存肉厚があれば、更生工事(ライニング工法等)もあります。 汚水管、汚水ポンプ等は、修繕周期、修繕履歴、調査、劣化診断等から総合的に判断し、更新を検討します。

更生工法

一般に、更生工法は、樹脂ライニング工法をいい、その認定制度として技術評価・審査証明等があります。 排水管を洗浄し、管内面にエキポシ樹脂などを塗布する工法ですが、施工面での支障や制約があるので、事前調査や打合せを、十分に行うことが大切です。

延命策(高圧洗浄他)

定期的に排水管の清掃を行うもので、一般に行われているのは、高圧洗浄です。 雑排水管を流れる排水は付着性があるため、管の内径が細くなり流れを悪くしたり、通気障害を起こし、トラップ部で封水を切り、臭気の発生や音を発生させることがあります。

グレードアップ工事

管及び継手・弁類等、最近の材質のものにグレードアップすることや、排水能力を高めることがポイントとなります。 また、排水システムの変更も検討事項となります。

  • 材質のグレードアップにより、耐久性を向上させる。
  • 排水管のサイズアップ等により、排水能力を高める。
  • 通気管のサイズアップにより、排水能力を高める。
  • 排水管の掃除口を新設、増設する。
  • 一階住戸の排水系統を別系統とし、排水能力を高める。
  • 排水システムを変更する。

お問合わせお問合わせ