電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

給排水管改修

◎ 配管に優しい負圧吸引ライニング工法

曲がりの多い大口径配管のライニングは、吸引ピグライニング工法により常時管内を負圧状態にして施工するため、周囲を汚染したり事故に繋がる可能性が最小限に抑えられます。 超高圧洗浄に比べ配管への付加を減らすことができるのが、負圧吸引ライニング工法です。 吸引ピグライニング工法は大口径配管のライニング、排水管ライニング、プール循環ろ過配管、雨水配管ライニング、消火配管ライニングに適しています。

下記イラストは負圧吸引ライニング工法で施工する場合のイメージ図です。

負圧吸引ライニング工法

塗装は負圧の力でピグを動かす事によって管内が減圧状態になり、あらかじめ吸入していた塗料が隅々まで行き渡ります。ピグの通り過ぎた所は常圧になり、1mmの塗膜が出来上がります。

超強力吸引車
ボールキャッチャー
超強力吸引車
ボールキャッチャー

工法の特徴

加圧工法では施工出来ない排水管の施工に適しています。
施工前の管内
クリーニング後の管内
ライニング後の管内
施工前の管内
クリーニング後の管内
ライニング後の管内

対象配管

地中深く埋設された様々な用途の配管(プール循環ろ過配管、連結消防送水管等)
容易に取り替えられない屋上、パイプシャフト、壁内の配管(給水主管、冷却水管、排水管等)

上記内容の配管に対して超強力吸引車の負圧によって行われるライニング工法により取り替え工事に比べて大幅なコストダウンが可能な工法です。
腐食により発生している穴を埋める事も可能な工法です。
常時負圧の環境下で施工するため、配管を痛める可能性が低く、比較的安全な工法だといえます。

吸引ピグ工法の特徴

スーパーカッター塗装に重要な下地作りは左記の“スーパーカッター”で行われます。治具そのものが負圧の力で強力に回転する力を応用します。先端の特殊な治具と研磨方法で仕上げられます。
曲がりの多い大口径配管の高圧ライニングは、大量のエアーを圧送するため大型コンプレッサーが複数台必要で設置場所も必要となります。工事も周辺を汚染する等のリスクが ゼロとはいえません。吸引ピグライニング工法は、常時管内を負圧状態にして施工するため周囲を汚染したり事故に繋がる可能性がより少ないといえます。使用する機械は、通常、吸引車1台、コンプレッサー1台で、設置場所も少なくてすみます。

お問合わせお問合わせ