電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

大規模修繕の工法・改修工事・施工事例

解放廊下・床防水の概要

マンションの解放廊下の床は長尺塩ビ防滑シートが貼られ、排水溝・巾木もウレタン塗膜防水が常識になりました。廊下に置かれた室エアコン外機か ら出る結露水は、ステンレス製の水切りが設けられているため、酷暑の夏でも結露水は排水溝に流れるようになっています。 しかし、築10〜12年位のマンションの場合には単にモルタル仕上げとなっているケースが多く、床面根にはコンクリートの乾燥・収縮に伴うひび割れが発生し、排水溝・ドレン周りにはモルタル浮きが発生します。これはコンクリートでは避けることが出来ない症状で、漏水の原因となって躯体を少しづつ痛めていきます。 築12〜15年目に行われる大規模修繕工事では改修の必須項目となってますが、殆どの場合長尺塩ビ防滑シート及び排水溝・巾木のウレタン塗膜防水工法が採用されています。大きな利点としては、美観に優れて耐久性があり、定期的な清掃により清潔感を保てる事にあります。また、改修後に は高級感が出て解放廊下全体のイメージが明るく一新されます。

他には超速乾性床用塗装仕上げの工法もありますが、最低でも3度の塗り重ね が必要で施工中は歩行が制限され、溶剤臭の発生が避けられない事から、最近は殆ど施工される事はなくなりました。塩ビ防滑シート貼り工法の場合、接着剤を 塗布して貼り終われば、すぐにでも通行が可能になります。また、溶剤臭も格段に低減されます。

なお、施工にあたっては床面のひび割れ・モルタル浮き補修を適切に行う必要があり、これを怠るとシートの盛り上がりや剥がれが発生する事もあります。また、モルタル面の不陸・表面の脆弱箇所はサンダーなどで除去し、劣化の度合いによってはカチオン系の下地調整材で仕上げておきます。 また、シート端部は雨水が侵入したり剥がれ易い為、エポキシ系のシール材で処理を行っておきます。

解放廊下防水施工の流れ

施工前1. 施工前
清掃・下地調整2. 清掃・下地調整
エポキシ接着剤を塗布3. エポキシ接着剤を塗布
施工前4. ジョイント部の溶接作業
端部のシール打ち込み5. 端部のシール打ち込み
シールのヘラ押さえ6. シールのヘラ押さえ
施工完了7. 施工完了(その1)
施工前8. 施工完了(その2)

お問合わせお問合わせ