電話 0120-377-251

電話 0120-377-251

マンション管理組合のための会計学

マンション管理組合の収支報告書(決算書)

会社の企業会計においては、決算書類とは年度末における会社の財務状態を表した「貸借対照表」と、1年間の会社の営業成績を表した「損益計算書」からなります。 それに対して、管理組合の会計は営利を目的としていません。したがって、企業会計とは異なって「損益計算書」は作成する必要がありませんが、組合運営に要したお金が予算に基づいて行われたかを表した「収支報告書」を作成します。

管理組合の会計における会計処理には特別な法規定はないのですが、原則がなければ会計処理はできません。管理組合会計は公益法人会計に準拠することを前提に、企業会計の処理をベースにしています。

管理組合の会計処理には特別な法規定はないのですが、公益法人会計に準拠することを前提にしています。

予算準拠主義の原則

企業は収益をあげることを目的にしていますが、管理組合はそれを目的にはしていません。したがって、管理費や修繕積立金を徴収し、その資金を、マンションの管理・保全のために最小限の費用で最大限の効果を得るかが会計の目標となります。

マンション管理組合で通常作成される決算書は、収支計算書と貸借対照表です。

収支計算書

(収支報告書)

当会計年度内に発生したすべての収入および支出の内容を明らかにして当会計年度の資金収支差額と資金残高を算出する計算書。

(収支計算書は会計期間を基準にし、フロー(流れ具合)を表すといわれている)

貸借対照表

管理組合の会計年度末のすべての資産、負債、正味財産を記載し、管理組合の会計年度末の財政状態を表す。

(貸借対照表は、決算日という時点を基準にして、ストック(溜まり具合)を表すといわれている)

どうして、収支計算書に予算額が併記してあるのか?

マンション管理組合については、決算書の様式については標準様式というものがありません。

管理組合の収支計算書は、管理組合が組合員から徴収した管理費や修繕積立金をどう使用したか、収支残高がいくら残っているか、ということを重視します。
徴収された管理費等の使い方は、組合員の方々の意向に沿った使い方が要求されます。つまり、前回の総会で承認された収支予算ですから、予算と実績の比較があれば、管理組合の活動が期待通りに行われたかの評価がしやすいのです。
ちなみに、この様式が採用されたのは、公益法人会計基準で示される収支計算書の様式に基づいているようです。

管理委託費や清掃業務費については予算額と決算額が一致しているが、修繕費の誤差は?

管理委託費や清掃業務費といった業務委託費は、予算の作成時までに管理会社等と金額について合意されているので、特別な事情がない限り大体合致します。(合意見積り)

一方、修繕費は発生するかしないかも含めて予測できませんので、予算額はあくまで予想見積りにすぎないので、どうしても誤差が生じます。(予想見積り)

収支計算書の数値と貸借対照表の数値との関係は?

収支計算書が発生主義で作成されている場合収支計算書の収入、支出は現金預金だけでなく、短期的に資金化される債権、債務等(未収金、前払金、未払金、前受金)の増加、減少も含んだ広い意味の資金の収支を示しています。
原則として収支計算書の資金(次期繰越収支差額)は貸借対照表に記載されている各項目について下記の計算によって算出される金額と合致します。
現金預金+未収金+前払金−未払金−前受金
となり、上記の収支決算書の次期繰越収支差額と合致します。

新公益法人会計基準

新公益法人会計基準

新公益法人会計基準に基づいている賃借対照表は、資産と負債の状況がどのように増減したかがわかりやすいように、今年度の金額の横に前年度の金額と増減額を併せて表記する様式(前期比較様式)が採用されています。

 

お問合わせお問合わせ