電話 0120-377-251

ビルメンテナンスに必要な資格

ボイラー技士とは

【概要】

設備管理

ボイラー技師とは、病院、学校、工場など、ビルなどで様々なボイラーを取扱い、点検、安全管理を行う技術者です ボイラー技士の資格には、特級ボイラー技士、1級ボイラー技士、2級ボイラー技士と取り扱う事が出来るボイラーの規模により分かれています。ボイラー技士の資格は全て国家資格です。ボイラー技士免許の取得資格は、2級ボイラー技士を取得後、実務経験をつむ事で大型のボイラーを取り扱う事が出来る上位資格が取得できます。特級、1級ボイラー技士の資格を取得するためにも、2級ボイラー技士免許が必要です。

作業主任者の選任、取扱のできるボイラー設備

【受験資格】

特級
  • 一級ボイラー技士免許を受けた者
  • 大学又は高等専門学校においてボイラーに関する講座又は学科目を修め卒業した者で、その後2年以上の実地修習を経たもの
  • エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、2年以上の実地修習を経たもの
  • 海技士(機関1、2級)免許を受けた者
  • ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
資格

伝熱

面積

500m2

以上

伝熱

面積

25m2以上
500m2未満

伝熱

面積25m2未満
(小規模を超える)

小規模

ボイラー

特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
×
二級ボイラー技士
×
×
ボイラー取扱技能講習修了
注:実技講習とは異なる
×
×
×
×
×
×
一級
  • 二級ボイラー技士免許を受けた者
  • 大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後1年以上の実地修習を経たもの
  • エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの
  • 海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
  • ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
  • 鉱山保安法施行規則附則第2条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
二級
  • 大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地修習を経たもの
  • ボイラーの取扱いについて6月以上の実地修習を経たもの
  • ボイラー取扱技能講習を修了した者で、その後4月以上小規模ボイラーを取り扱った経験があるもの
  • エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの
  • 海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
  • ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
  • ボイラー実技講習を修了した者
  • 海技士(機関4、5級)免許を受けた者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
  • 鉱山保安法施行規則附則第2条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
  • 鉱山において、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験があるもの(ただし、ゲージ圧力が0.4MPa以上の蒸気ボイラー又は温水ボイラーに限る。)

【講習科目】

1. 点火(1時間)

2. 燃焼の調整(7時間)

3. 附属設備及び附属品の取扱い(6時間)

4. 水処理及び吹出し(1時間)

5. 点検及び異常時の処理(5時間)

  • 上記は法令上の順序であって、実際の講義順序は実施する日本ボイラ協会支部ごと、あるいは講師の都合等により変動します。
  • 上記の科目は座学が主体ですが、おおむね最終日(3日目)に4時間程度実施されるボイラー設備の見学、装置操作の疑似体験等も含まれる。
  • 筆記試験等は課されていません。

お問合わせお問合わせ