電話 0120-377-251

ビルメンテナンスに必要な資格

ボイラー整備士

【概要】

設備管理

ボイラー整備士とは、労働安全衛生法に定められた国家資格(免許)の一つで、ボイラーおよび第一種圧力容器の整備を行うのに必要な免許です。 特級・一級・二級の各ボイラー技士免許とは上位下位でなく別系統の資格になります。このため、たとえ特級ボイラー技士免許を持っていてもボイラー整備士免許がなければ、(整備士の指示を受けて整備の補助はできるが)自ら整備を行うことはできません。 溶接を伴う場合には、(特別・普通)ボイラー溶接士の資格が必要になります。

【試験項目】

5月、10月、2月頃の年3回、全国の安全衛生技術センターで行われる。学科のみで実技はありません。

二級ボイラー技士免許を有するなど、一定の条件に該当する場合は試験科目の一部(下記1)が免除されます。

1. ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識

2. ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識

3. ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、薬品等に関する知識

4. 関係法令

【受験資格】

  • ボイラー(小規模ボイラー及び小型ボイラーを除く。)又は第一種圧力容器(小規模第一種圧力容器及び小型圧力容器を除く。)の整備の補助業務に6か月以上従事した経験を有する者
  • 自己の取扱うボイラー又は第一種圧力容器の整備の補助業務に3年以上従事した経験を有する者(取扱い1年につき2か月整備の補助業務に従事したものとみなされます。)
  • 小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備の業務に6か月以上従事した経験を有する者
  • 自己の取扱う小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備に3年以上従事した経験を有する者(取扱い1年につき2か月従事したものとみなされます。)
  • 準則訓練(職業訓練)のうち整備管理・運転系のボイラー運転科を修了した者
  • 専修訓練(職業訓練)のうちボイラー運転科を修了した者

お問合わせお問合わせ